「トカゲ」-「トカゲのみ」=「ジグソウ」

a118.jpg
久しぶりの本筋「スカルラボラトリー」ネタ。
以前複製ワックスから製作したスカルを型どりした。
a119.jpg
はい、これ!
a120.jpg
こんな感じで複製。内側の彫りはあえてオミットしてマッシブな印象に。
近いうちにキャストします。

「魔法少女まどか☆マギカ」ネタの影響で来訪カウンターがかつてないほど回ってる。
まどかの潜在能力恐るべし…((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
スポンサーサイト

スカルリング「ガゼルホーン」完成 その2

a47.jpg
正面写真あおり。
a48.jpg
あおりで撮ると強そうに見える。
a49.jpg
せっかくなのでホームページには無い写真を。
a46.jpg
装着画像。ごついのでやはり中指かなと。

ガゼルホーン(真鍮タイプ)
写真のリングのサイズは18号。
18号が基本のサイズとなります。
主な素材真鍮(一部にシルバー925使用)
重量:36g前後

ホームページを更新しました。
ホームページの方にも写真を多数アップしていますのでご覧ください。

ツイッター2

326_48f49262bbd90bec2ea36c7dccc34a43[1]
ツイッターをついにはじめた。登録自体は三月中にしていたのだけどね。
21231-2.jpg
…使い方がよくわからない…。まだ2言しか呟いていない…。ノリがイマイチ解らない。とりあえず誰かをフォローするところからかな?
ボトボチ呟くつもりですので、よろしければフォローしてください。

長く続けていけるかはわからん!

スカルリング「ガゼルホーン」真鍮タイプ完成

a44.jpg
「ガゼルホーン」の真鍮タイプ完成!
前回の状態から薄めの燻し湯に軽くくぐらせ、全体をやや落ち着いたトーンにしてみた。
a45.jpg
「ガゼルホーン」の真鍮タイプを造るにあたり、左右の角の造形を若干修正。
a42.jpg
シルバータイプでも今後は基本的にこの形状で製作する予定です。
a43.jpg
リング内側はこんな感じ。

写真がやや適当っす。
ホームページへのアップは後日行ないます。
とりあえずは完成のご報告を!

「ガゼルホーン」真鍮仕上げ4

a39.jpg
下磨きをしたものを
a40.jpg
黒く燻す。この状態はこの状態でかっこいいな。写真では確認できないが実際にはムラがある感じなので、そこをクリアすればコレもありか。
a41.jpg
再び表面を軽く磨き燻し部分を残す。全体のトーンをもう少し抑えたいな。

プリンター

a38.jpg
今までのプリンターが不調なので新調した!基本的に資料画像を印刷する程度なので安いので良い。今まで使っていたプリンターがインクを全部入れ換えると6000円。このプリンター複合機の値段6300円。なんだかなぁ…。プリンターは基本的にインク代で元を取っているとはいえ何か間違っているような。
そして、買ってから気が付いたが拡大・縮小が出来ない!ディスプレイが邪魔して大きな本はコピーしずらい!
その辺は上位機種との差別化のためにわざと使い勝手を悪くしてるようにしか思えないのだが…。
a37.jpg
プリンターって大概これ入ってるのかな?前の機種にも入っていたような…。
説明書を読みながらセッティング「プリンターのカバーを開け…中に入っているオレンジ色のパーツを…捨ててください。」
捨てるのかよ!

多分中のデリケートなパーツを保護するための物なんだろうけど出会った瞬間捨てるというのはなんだか抵抗があるんだよなぁ。プラスチックのパーツとして意味ありげなカタチすぎるし、色も鮮やかだからかなぁ。
どーせならもっとゴミっぽい形状と色にしてくれ!捨てにくい。

学研の図鑑

a33.jpg
そこそこ大雑把でそこそこ細かい動物の本が欲しくて探していたのだが、「学研の図鑑」がかなり良い事に気が付いた。
a34.jpg
この感じ。見開きで同種の違う形がパッとわかるのが良い!しかもほぼカラー。専門書ほど詳しくなく、流行の児童書ほどザックリともしていない微妙なさじ加減。
a36.jpg
ブックオフで100円だった…あなどりがたし「学研」!

「ガゼルホーン」真鍮仕上げ3

a30.jpg
縁部分をペーパーがけして滑らかに。
a31.jpg
内側の指接触部分もペーパーをかけておく。
a32.jpg
そしてリング後部にも。この作業、きわめて地味!

「ガゼルホーン」真鍮仕上げ2

a26.jpg
リング内側に入れるシルバーパーツを切り出す。
a27.jpg
仮入れしてみる。問題なし。
a28.jpg
そしてパーツをリングにロウ付けする。
a29.jpg
ロウ付け完了!

「ガゼルホーン」真鍮仕上げ

a23.jpg
「ガゼルホーン」仕上げ。まずは湯道を削り取るところから。
a24.jpg
そしてリングの歪みを修正。
a25.jpg
下磨きへ。
プロフィール

カトウ

Author:カトウ
埼玉県日高市在住の「カトウ」。
SKULL LABORATORY(スカルラボラトリー)
planevia(プラネヴィア)
というブランド名で活動中。
「カトウ」の個人ブランドです。

メールアドレス
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる