スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原型製作「ガゼルホーン」7

w184.jpg
鼻の形状を変え、目元と共に作りこんでみる。「ビッグホーン」同様に獣人系の「ガゼルホーン」だが、違ったアプローチの造形でいくのも悪くないかもしれない。人でも獣でもない骨格の不気味さ。キャラクターっぽさは抜けたが、この顔つきは好みが分かれそうだな。
w185.jpg
カトウ自身、この目の離れた形状にまだ慣れなくてゾワゾワしている。良い方に転べば新しい道が開けそうだ。
スポンサーサイト

原型製作「ガゼルホーン」6

w181.jpg
目を中心とした顔の造形が気になる。ダメではないけれど単調で面白みが無いような…。あんまりキャラクター寄りにはせず、恐さをプラスしたいかなと。
w182.jpg
ワックスを盛り付ける。よりキャラクターっぽいな。
w183.jpg
そして削る。迷走中?

ラリック

w180.jpg
ラリックが好き。雑な言い方をすればデザインがドラクエっぽい。逆だな。ドラクエがラリックを参考にしているんだろう。アクセサリーとしては繊細すぎたり、現代のファッションにはドレスでもなきゃ合わせられないようなデザインが多いんだけれど「宝物感」みたいなものが溢れている。爺さんの遺品の引き出しから出てきたらワクワクするような。そんな「宝物感」のある物が作りたいなぁ。
w179.jpg
画像は去年のラリック展で購入した写真集。

頭骨2

w176.jpg
頭骨その2。スッポンの頭骨です。
w177.jpg
アゴの骨の角度とか結構好き。
流線型でカッコイイ!
そして画像では解りにくいけど面構成が結構複雑。
w178.jpg
実はコレ前回のコウモリの頭骨を見たお客様からの頂き物です。
ありがとうございます!

頭骨収集はまりそう…。

写真

w175.jpg
写真撮影の勉強なんかした事ないのでリングを撮影する時はひたすら試行錯誤です。
ひたすらいろんなパターンで撮ってパソコンで確認。たまにマグレでカッコよく撮れたのを再び再現してみる。
ただこれがなかなか難しい。「これ結構イイ!」ってのが撮影できても、「もう少しピントが合っててくれたら」「もう少し右を向いててくれたら」と思い、撮り直してもなかなか上手くいかない。
ああ、なるほど。こういう微妙なところをビシッと決められるのがプロの腕なんだろうなぁ。

原型製作「ガゼルホーン」5

w174.jpg
角の付根を改修。このような大きい角の場合、本来は頭骨よりも外側から生えているものです。
(トンガリコーンを指にはめたような状態?)
ですが、形状的にマガマガしさが欲しいので雰囲気優先で内側から生えるデザインにします。

原型製作「ガゼルホーン」4

w172.jpg
サイド部分のデザインも固まってはいたのですが、もう少しファットな印象にしたいと感じたので…
w173.jpg
盛りなおします。
こんな作り方だから進行が遅いんだよなぁ。
でも、これがカトウのやり方です。

アリ

w171.jpg
寝る前に布団の脇を見たらアリの行列が…。どこから?そしてどこへ?
食いカスとか無いはずなのにな。全滅させるには眠すぎるので放置して就寝。
起きたら跡形も無く消えてた。雨降ったから帰ったのか?夢か?小人?

アクセサリーとジュエリー

w170.jpg
アクセサリーとジュエリーは何が違う?アクセサリーは装飾品全般をさす言葉で、ジュエリーは宝石を主役とした装飾品ではないかな。デザインのために宝石があるんじゃなくて、宝石のためにデザインがあるのがジュエリーなのかな。ならば「スピリット」に高級エメラルドを入れてもジュエリーでは無いのだろうな。

「天使」完成

w169.jpg
不要な燻しを落として、コントラストを出していく。
w165.jpg
スカルリング?「天使」完成。スカルを抱えて舌を出す、ひねくれ天使です。
今回は小ぶりなリングで女性でも着けられる感じに。仕上げはつや消しです。
w167.jpg
裏側にはクロスのパーツと、文章を。内容はそのうち説明させていただきます。
w164.jpg
ームページの方にも写真を多数掲載していますのでよろしければ御覧ください。
プロフィール

カトウ

Author:カトウ
埼玉県日高市在住の「カトウ」。
SKULL LABORATORY(スカルラボラトリー)
planevia(プラネヴィア)
というブランド名で活動中。
「カトウ」の個人ブランドです。

メールアドレス
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。