ウッドリング

q9.jpg
「MARIGOLD」(マリーゴールド)という名称で昔作っていたウッドリングです。今作っているスカルリングからすると、こういうの作っているのは意外がられます。ローズウッドをベースに中心に真鍮、リング内側をカーボンでコーティングしています。シンプルで着けやすいリングですが、逆に「売り」が弱いです。こういうシンプルな物は個人ブランドで売るには難しいですね。大きく宣伝して沢山売らないと成立しないので。
現在も「GIANTSTEP」さんで販売しています。金属部がシルバーのバージョン有り。
スポンサーサイト

彫刻刀

q4.jpg
メインで使っている彫刻刀です。市販のものは大きすぎるので大体が自作。作業の必要性に合わせて新たに作ることが多いので、作りは結構適当。ワックスしか削らないので適当に刃をつけても充分使えるのです。

bighorn sv925

2013-01-24 005
2013-01-24 006
2013-01-24 007
2013-01-24 008
2013-01-24 009
2013-01-24 011
2013-01-24 012
2013-01-24 013
2013-01-24 018
2013-01-24 029
2013-01-24 139

画像 180小

price: ASK
skulllaboratory108@yahoo.co.jp

ビッグホーン9

画像 129小
磨きます。
画像 127小

ビッグホーン8

画像 118小
いぶして…。

ビッグホーン7

画像 108小
湯道をリューターでガリガリ削ります。削りすぎず残しすぎず。埋まった造形を再び掘り起こします。

ビッグホーン6

画像 091小
鋳造完了。鋳造業者さんと相談の結果。頭のど真ん中に湯道(銀を流し込む場所)を持ってくることに。おかげさまで鋳造自体は完璧ですが髪の造形が思いっきり埋まってます。仕上げが大変ですねぇ、これは…。

ビッグホーン5

画像 073小
原型から型を取り量産のため複製したモノ。写真は失敗したもので角が欠けています。状態が良好なものを選んで細部を修正し鋳造へ。複製作業に関してはいずれ紹介します。

ビッグホーン4

画像 057小
全体の形状を仕上げつつ概ね原型制作完了。

ビッグホーン3

画像 018小
ここにきてリングに対して顔のセンターが取れていない事が発覚。結構な手術です。はい。ギリギリのカットをして最小限の手間で何とか修正できました。基本的なミスでした。
プロフィール

カトウ

Author:カトウ
埼玉県日高市在住の「カトウ」。
SKULL LABORATORY(スカルラボラトリー)
planevia(プラネヴィア)
というブランド名で活動中。
「カトウ」の個人ブランドです。

メールアドレス
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる