tensi sv925

DSCF3470.jpg
DSCF3471.jpg
DSCF3472.jpg
DSCF3473.jpg
DSCF3474.jpg
DSCF3475.jpg
DSCF3476.jpg
DSCF3477.jpg
DSCF3483.jpg
DSCF3485.jpg
DSCF3534.jpg
2013-01-24 262
2013-01-24 264

price: ASK
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

真鍮リング「天使」完成

w212.jpg
今回は普通に使い込んだ感じに近いアンティーク風仕上げ。
w213.jpg
小さめの8号で作ってみました。デザイン的に5号位までは違和感無く作れそうだ。
w214.jpg
シルバータイプと並べて撮影。


ホームページにも写真を多数掲載していますのでご覧ください。

真鍮「天使」3

w208.jpg
シルバーのクロスパーツを内側に納める。
w209.jpg
そしてロウ付け。熱い…暑い…そうか、梅雨明けか。
w210.jpg

真鍮「天使」2

w203.jpg
真鍮「天使」荒磨き。もしかしたら天使の顔は燻し無しの方が映えるのかもしれない。でも、そうすると文字が強調できないんだよなぁ。いろいろ試すか。

真鍮「天使」

w200.jpg
真鍮製の「天使」リング。真鍮のキャスト後の肌ってシルバーみたいに綺麗にはならないんだけれど、ところどころ結晶のような反射がある。

「天使」完成

w169.jpg
不要な燻しを落として、コントラストを出していく。
w165.jpg
スカルリング?「天使」完成。スカルを抱えて舌を出す、ひねくれ天使です。
今回は小ぶりなリングで女性でも着けられる感じに。仕上げはつや消しです。
w167.jpg
裏側にはクロスのパーツと、文章を。内容はそのうち説明させていただきます。
w164.jpg
ームページの方にも写真を多数掲載していますのでよろしければ御覧ください。

「天使」仕上げ2

w155.jpg
全体を荒磨きしていく。
w156.jpg
w157.jpg
天使の肌の部分のみテカテカに磨いてみる。滑らかな肌感が欲しいので。
メタルマリオみたいで若干気持ち悪い。
w158.jpg
そして燻す。
黒天使。

「天使」仕上げ1

w152.jpg
「天使」を仕上げていきます。まずはいつも通り湯道を削り取る。綺麗にね。
w153.jpg
そして、こちらが内側に納める真鍮パーツ。予備も考えて4つキャストしました。
「まとめてキャストに出してしまえ」と思い、四つの十字この形状に繋げたのですが、意図せずしてカッコイイ十字型に。
このカタチなんか好き。何かに使いたい。
w154.jpg
一個だけ切り離して内側にセット。そしてロウ付けです。

キャスト完了「天使」

w151.jpg
「天使」のキャストが完了。
この真っ白な状態が石膏像みたいで綺麗なのですが…コレでOKとはいかないので仕上げに入ります。

「天使」複製作業4

w135.jpg
複製ワックスの手直し完了。
w134.jpg
これから鋳造です。
プロフィール

カトウ

Author:カトウ
埼玉県日高市在住の「カトウ」。
SKULL LABORATORY(スカルラボラトリー)
planevia(プラネヴィア)
というブランド名で活動中。
「カトウ」の個人ブランドです。

メールアドレス
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる