fire sv925

DSCF0942.jpg
DSCF0943.jpg
DSCF0944.jpg
DSCF0945.jpg
DSCF0946.jpg
DSCF0947.jpg
DSCF0948.jpg
DSCF0949.jpg
DSCF0774.jpg
DSCF0778.jpg
DSCF0779.jpg

DSCF0786.jpg

price: ASK
skulllaboratory108@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

「ファイア」初期試作品

w972.jpg
基本的なデザインはこの時のまま使用している。
w973.jpg
各部のバランス変更と透かし彫りを加えて現在の形に至る。
w974.jpg
この段階ではサイドはわりと平面に近く、厚みもあまり無い。
w975.jpg
内側は炎の渦を描き込んでいる。

「ファイア」改修

w734.jpg
これな~んだ?
w735.jpg
「ファイア」の原型だ…。元のカタチを留めてません。右上のは細かく砕けすぎて気安く袋から出す事もできません…。よしっ、やるか!!

真鍮スカルリング「ファイア」完成

w120.jpg
全体を黒くいぶす。真鍮はなかなか全体が真っ黒とはいきません。
w121.jpg
余分な燻しを落として完成。
w122.jpg
真鍮スカルリング「ファイア」。
スカルラボラトリーのホームページにも写真を多数掲載していますのでご覧ください。

真鍮試作「ファイア」3

w111.jpg
リング内側にシルバーのパーツをセットしロウ付け準備。
w112.jpg
バーナーで火を当てロウ材を溶かしパーツ同士をくっつける。
w115.jpg
こんな感じでブランド名が内側に。
w114.jpg
真鍮は火を入れるとなぜか燻したように窪みが黒ずむ。
このくすみ方もカッコイイのでうまく使えない物だろうか。

真鍮試作「ファイア」2

w110.jpg
真鍮スカルリング「ファイア」。リング後方の湯道を綺麗に削り取り全体を荒磨き。
w109.jpg

真鍮試作「ファイア」

w83.jpg
「スピリット」に続きこちらも真鍮スカルリング試作「ファイア」。これもそこそこ入り組んだ形状なので、コレがキャストできれば大概のデザインは真鍮でも可能だろうと。上手くキャストがあがってます。先日テレビで放送していたゴーストライダーに似てるなぁ…。

仕上げ途中「ファイア」

1-3.jpg
燻し後の「ファイア」。このマットブラックの状態が意外にも合っていたのでためし撮り。この状態から使い込んでエッジが徐々にはげて銀が出てくるのもアリかもしれない。ですが今回は鏡面仕上げです。

キャスト「ファイア」

1-7.jpg
キャスト完了「ファイア」。「真横から見てもかっこ良く」を目指しました。

複製「ファイア」

15.jpg
原型は四散してしまったものの複製品はバッチリです。とは言うものの複製品をそのまま使えるわけではなく手直しが必要なのです。写真は手直し後。
プロフィール

カトウ

Author:カトウ
埼玉県日高市在住の「カトウ」。
SKULL LABORATORY(スカルラボラトリー)
planevia(プラネヴィア)
というブランド名で活動中。
「カトウ」の個人ブランドです。

メールアドレス
skulllaboratory108@yahoo.co.jp
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる